夏期講習と医学部の予備校の選び方

医学部受験は独学でやらない

医学部受験は独学でやらない医学部受験は体験授業で選ぶ医学部受験予備校の比較ポイント

医学部に進学したい場合、予備校に通い勉強することをお勧めします。
苦手な科目を克服するには、基本事項を確認したり類題を数多く解くことが必要になります。
休み期間中は通常の時期と違い時間を多く確保しやすいため、夏期講習に参加すると良いかもしれません。
夏休みの期間はまとめて学ぶことができるため、理解度をアップさせることができるのではないでしょうか。
夏期講習を行う医学部の予備校の選び方としては、指導実績が多い講師から学ぶことができる予備校を選ぶことが大切です。
人気講師は複数掛け持ちしている可能性があります。
授業が終わるとすぐ立ち去る場合もあり、質問に対応してもらうことができない可能性があると考えて間違いありません。
自習時間の質問は誰に対応して頂くことができるのか等、事前に確認しておくことが必要です。
常勤の講師から学ぶことが出来ると、対応してもらいやすいかもしれません。
講師との相性もチェックする必要があります。
自分に合わない場合は、途中で講師の変更をお願いすることができるかも確認しておくとよいです。
都合によって欠席することもあるのではないでしょうか。
振替制度を利用することができると安心して欠席することができます。
振替制度がない場合、返金制度等利用することができるのかもチェックしておくとよいです。
自習室のスペースが十分確保されているのかもチェックしておくとよいかもしれません。
自習スペースが不足していたり、年上の浪人生に気を遣い利用できない可能性もあります。
講習に参加したけれど、指導スタイルが合わないと感じる場合もあるかもしれません。
指導スタイルが合わずに途中退学した場合、受講していない授業料や施設使用料についてどうなるのかも確認しておくことも必要です。
返金をお願いすることができるのかチェックしておくと、いざというときでも冷静に対処することができます。
指導スタイルをチェックするために、体験授業を受けるのもよいかもしれません。